スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妊娠告知10日後に流産=医師、迅速に計画か―不同意堕胎事件・警視庁(時事通信)

 交際女性に対する不同意堕胎事件で、女性が東京慈恵会医科大学付属病院の医師小林達之助容疑者(36)に妊娠を告げた約10日後に流産していたことが20日、捜査関係者への取材で分かった。
 警視庁捜査1課は同容疑者が迅速に計画し、錠剤服用や薬の点滴で確実に堕胎させようとしたとみて調べている。
 捜査関係者によると、看護師の30代女性は2008年暮れ、同容疑者に「妊娠した」と伝えた。09年1月、同容疑者はビタミン剤と称して子宮収縮作用のある錠剤6錠を3日分として渡した。女性は一部を服用したが、残りは取っておいた。
 その後、女性は自宅で陣痛誘発剤の点滴を受け、直後にトイレで流産した。その際、同容疑者も一緒にいたという。
 女性は流産後の処置で、別の病院で処方された薬が受け取った錠剤と同じだと気付いた。しかし、同容疑者が結婚の意思を示して交際は続き、同容疑者が実際には別の女性と結婚していたと知った。 

国家公務員採用半減、治安・安全業務は除外(読売新聞)
口蹄疫拡大、獣医不足が深刻化…全国に派遣要請(読売新聞)
参院選、新党改革を支援=鳩山邦氏(時事通信)
高齢者住宅業界のレベルアップ目指す―経営者協議会が発足(医療介護CBニュース)
切断された両足見つかる…新潟の国道側溝(読売新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。